« 試行錯誤 | トップページ | 演奏会告知 »

マクロス

先日のボトムズもそうだが、最近自分が子供の時によく見ていたアニメがDVD化され、質の高い画像と音質で楽しめるようになってきた。もう40に片足を入れているおやぢが今更アニメもないものだが、見たいという衝動にかられてしまうのだから致し方ない。(DVDを借りたりするときはちょっと恥ずかしいけど)

今回は筆者が14歳くらいの時に放送されていた「超時空要塞マクロス」の映画版でございます。

このアニメがテレビで放映されていた時は、放送する回によって作画のデキのばらつきが激しくて、悪い言葉でいうと見苦しさも感じる回もあったりしたのが印象に残っている。ストーリーとしてはいいのだけれど、何しろ絵なんですよ。そうかと思うと、これ以上緻密な絵は描けないだろうと思えるような画の回もあったりして、制作サイドもいろいろあるんだろうなと子供ながらに思った記憶がある。

んで、この番組の人気がヒートアップして、映画版の制作に行き着く訳なんだけども、この映画版の画っていうのが、テレビで放映されていたクオリティとは月とスッポン。まあよくここまで描いたなってくらい質の高いものでしたよ。まあストーリーはともかく、その気合いの入った画だけでも見る価値あり!

この番組に関わったスタッフなんかも、その道もマニアなんかでは超がつく有名人がおおいですな。(そのかわりわからん人には全くわからない。) 作画でいくと、美樹本晴彦、板野一郎、(この当時は)メカニックデザインの河森正治(最近では日産自動車の新車デュアリスのCMに出てくるモビルスーツもどきをデザインしている)、エヴァンゲリオンの庵野秀明、とまあアニメファンだったら一度は必ず聞くビッグネームがひしめいておりますな。板野一郎なんて名前がでてくると、板野サーカスといわれた、肉眼では細部まで識別不可能なメカアクション(ex.ミサイル一斉発射)なんて画が浮かんでくるのでは?

音楽も先日お亡くなりになられたが、羽田健太郎さん(題名のない音楽会の司会)がやっていますしね。

ここまで一気呵成に書いてみて、ふと「オレってヲタクなのか?」という観念におそわれたが、まあ子供の時の印象を今確認しているだけなんだと自分に言い聞かせている。

|

« 試行錯誤 | トップページ | 演奏会告知 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215192/15495316

この記事へのトラックバック一覧です: マクロス:

« 試行錯誤 | トップページ | 演奏会告知 »