« ゴッドハンド | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

ダイ・ハード4.0

今日ダイ・ハード4.0を見に行った。

前評判では、あまり芳しくない批評を読んでいたので、あまり期待せずに見に行ったが、なかなかどうして、面白いではないか。

アクションはノンストップムービーといった感じで、見ていて結構興奮したし、設定もイマドキの内容であり得ない話ではないかな。ただ、時たまこりゃいくらなんでもムリだろうっていうシーンもあったが、それは娯楽映画と割り切って楽しめました。(ブルース・ウィルスの髪の毛がなくて、「老けたなぁ」と感じるのは全作から12年という年月を考えると致し方ないけど)

ストーリーはネタバレになるので詳しくは書きませんが(実は書くのが面倒だから)、サイバーテロの片棒を(知らずに)かついでいたヲタク青年をFBIまで護送する役目を仰せつかったマクレーン刑事がテロ事件に巻き込まれていくというダイ・ハードの王道ストーリー。

今回も「3」同様奥さんのホリーはでてきませんが、マクレーンの娘が登場します。これがまたマクレーンの娘らしく、とんでもないじゃじゃ馬。テロリストを前に一歩も引かないという超強気娘なんですね、これが。

あと、前述したヲタク青年。これが、アナログ人間のマクレーンを助けながら同行する「相棒」っぽい役になっていきます。「3」でもサミュエル・L・ジャクソンのような。

まあ、まどろっこしいので一度映画館に見に行くべし。マクレーンが「3」以上に不死身になっているのは気になるけど、DVDで見るよりは絶対に映画館で見た方が迫力あるに決まっているし、ちょっと刺激がほしいという人にはオススメですね。

|

« ゴッドハンド | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215192/15698508

この記事へのトラックバック一覧です: ダイ・ハード4.0:

« ゴッドハンド | トップページ | 硫黄島からの手紙 »