« 二種電気工事士試験 | トップページ | ミラーマン »

男鹿和雄展

木場の東京都現代美術館で開催されている男鹿和雄展を見に行った。

「男鹿和雄って誰?」というなかれ、スタジオジブリの背景画(となりのトトロからだが)を描いてきた人です。

作風は緻密かつ繊細。また郷愁をさそうような絵柄ですかね。(ワタクシ的に) もっともこの方の名前を聞いたのはつい最近。この展覧会が開催されるというときに初めて聞きました。

会場に行くと、チケットを買うのに40分。入場するのに20分待ちという大盛況。チケットはあらかじめ購入していったので購入待ちは逃れたが、入場待ちは予想外。あらためてスタジオジブリの作品の人気の高さを感じました。

いよいよ会場にはいって作品を見てみると、ジブリ以前に関わったアニメの美術画も展示してあった。筆者も見たものが結構あった。「侍ジャイアンツ」とか、「あしたのジョー2」とか「幻魔大戦」などなど。

美術というのは作品の中では地味な存在だとおもうが、これがないと、その作品の世界観をつくれないものだと思う。とはいえ、筆者が名前をすぐに出せる美術監督といえば、椋尾 篁(故人)ぐらい。アニメの美術というのは結構マニアックな世界なのではないかとおもったのであった。 Nec_0013

|

« 二種電気工事士試験 | トップページ | ミラーマン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215192/15941819

この記事へのトラックバック一覧です: 男鹿和雄展:

« 二種電気工事士試験 | トップページ | ミラーマン »