« 資格試験結果 | トップページ | ダークなセブン »

ソフィテル東京解体現場

ひさびさの更新。なまけものです...。^^;

ソフィテル東京といってピンとくる方はなかなかいないと思いますが、上野不忍池のほとりにある五重塔のような形をしたホテルといえば「ああ、あれね」と思う方はかなりいると思う。(実際はモミの木に似せたらしいが^^;)

ソフィテル東京は菊竹清訓氏による設計で1994年に竣工、開業したホテルです。開業当初は法華クラブ(宗教団体ではありません。れっきとしたビジネスホテルチェーンです。)所有の高級ホテルでたしかHOTEL COSIMAとかいっていたような記憶がある。

なにしろ形状が異様で目立つんです。建築時はその異様なデザイン故、景観をみだすと批判がでたそう。筆者は結構面白い建物だなと思って見ていましたけどね。

その後法華クラブの経営悪化に伴い、フランスのアコーグループというホテルチェーンに所有が移り営業してきたが、アコーグループがホテルの売却を決定。昨年12月に営業を終了して売却ご、購入企業が解体を決定しました。

今年の2月くらいから解体が始まっていましたが、どんな風に解体するんだろうと興味津々。自分が建築関係の仕事をしているというのも興味をひく原因なんですけど、高さが100メートルを超える高層建築物を解体するっていうのは都内ではほとんど例がないはず。ということで近くに行ってみました。

Nec_0022_2

←もうだいぶ低くなりました。隣のマンションとほぼ同じ高さ。携帯のカメラなので少々画像が悪いです。

解体は清水建設が請け負っているようです。

建物の評価はもちろん賛否両論。ネットを見ていると景観を壊しているとか、奇抜すぎてかっこわるいとかいう人もいれば、個性的なデザインで好きだという人もいる。自分は結構好きでしたね。個性的で。泊まってみたいとは思わなかったけど^^

このホテルは竣工から13年という短命で解体となりましたが、建築時に携わった人が見たら悲しい思いをするかも。自分がその立場だったらきっと悲しい思いをすると思う。

今現在雨後の竹の子のごとく建っている高層ビル、高層マンションの将来はどうなるのでしょう。最後に在りし日のソフィテル東京の画像です。(写真を提供してくださった@関西人さん、ありがとうございました。)

Photo

|

« 資格試験結果 | トップページ | ダークなセブン »

建築」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。
今日はご報告とお礼に参りました。
わたしのブログを閲覧してくださるみなさん。
さらにコメントを残してくださるみなさん。
みなさんのおかげで「夢(目標)」がひとつ
叶うことになりました。

わたしのブログが文芸社さんより
書籍化され出版されることになりました。
書店発売予定日は11月1日。
(書店によってはずれがあるかも・・)
10月下旬より書店での注文可能。
発売開始日よりアマゾン、ヤフーブック、
ブックサービスでのネット注文可能になります。

本の主タイトルは 「愛唄」
(サブタイトル バツイチ女のひとり言)
ペンネーム 「咲 泰子(さくらやすこ)」
ペンネームの由来は亡き母の名前の泰子。
逆から読んだら「泰子が咲く」・・・です。
名づけ親さんの優しい発想です。

ほんとにみなさんのおかげだと感謝しています。
ありがとうございます!!

ブログは更新ペースはゆっくりになりますが
今後も続けていきますので
どうかよろしくお願いします。


投稿: モモ | 2007年10月 9日 (火) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215192/16482291

この記事へのトラックバック一覧です: ソフィテル東京解体現場:

« 資格試験結果 | トップページ | ダークなセブン »