« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

ひさびさのスピッツ

ここのところ久しぶりにスピッツを集中的に聴いている。

昔から結構好きでCDも聴いていたけど、なんかみんな同じような曲に聞こえてきて、しばらく離れていたけど、最近FMで「魔法のコトバ」をよく聴くのと、You Tubeでスピッツの「群青」のPVを見たのがきっかけで、今車通勤が多いのをこれ幸いに車の中でまた聴くようになった。

結果、どう思ったかというと.....、いいね! いい!ということで最新アルバムの「さざなみCD」を買ってしまった。^^;

ウチのヨメさんいわくスピッツの曲は「はかなげ」なんだそう。その昔、結婚する前に筆者がよくスピッツを聴いているのを知っていたヨメは筆者とスピッツの雰囲気をダブらせてでたキーワードが「はかなげ」だったんだそうな。(ちなみに今は「当時の勘違いだった」と否定している)

なんでスピッツをよく聴くようになった経緯って思い出せないけど、多分曲の雰囲気とか、歌詞とかが自分にマッチしたのだろうなと思う。草野マサムネの透き通ったような声とか、最近のロックバンドにありがちなギンギンの音作りばかりではないのも理由の一つだろうか。全国のスピッツファンのみなさん、スピッツの良さってなんでしょう?

前述したYou TubeにはスピッツのPVがごろごろ転がっています。スピッツの曲は知っているけど、映像で見てみたいというスピッツファンの方々、是非一度御視聴してみてください。ちなみに下の動画は、またスピッツを聴くきっかけになった「群青」のPVです。

この「群青」のPVにはウサギ役でお笑いコンビのアンガールズが出演してます。スピッツのメンバーも演奏中に冠をかぶったり、草野マサムネなんかは、アンガールズと一緒におどったりしています。従来のスピッツのイメージとはちょっと違う感じになってます。

このYou TubeのスピッツPVで「春の歌」と「正夢」をみて、今度はスーベニアを購入して聴いて見ようかと。オークションで探してみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ベイコート倶楽部

東京ベイコート倶楽部って何?という方が大半ではないでしょうか。フツーの一般庶民にはほとんどなじみがない、高級会員制リゾートホテルのことです。^^;

パレットタウンから東京ビッグサイト方面を見ると、門型の建築中の建物が見えると思いますが、その建物が東京ベイコート倶楽部です。地下2階、地上27階建。5階から27階は会員制の客室が全292室。2階から4階には一般の方が宿泊できる客室が200室ほど。そのほか、プールやトレーニングジム、スパ。もちろん、レストラン、バーなど、いたれりつくせり。

このホテルは今はやりの「タイムシェアリングシステム」というシステムを採用しています。タイムシェアリングシステムとは時間区分でリゾート施設を共有するシステムのことで、要するに年間で利用する日数を設定して、その一定期間だけ施設を利用する権利を購入するというシステムで、今世界のリゾート施設で主流になっているそう。

値段はというと、こちら。まあいくらシェアするとはいってもやはり高いですな。一般人にはなかなか手が届かないという値段です。一体どんな方が購入するんでしょう。

 

Bay

←夕暮れの東京ベイコート倶楽部。下に見える教会風の建物は秋のドラマ「働きマン」にでてきた「パルティーレ東京ベイウェディングビレッジ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダークなセブン

またまた長期の更新なし。重ね重ねなまけものです。^^;

さて、TBSの金曜から始まったウルトラセブンX。セブン誕生40周年記念番組なんだそうだ。

ウルトラセブンは昭和42年に放送開始、ということで40周年である。筆者は昭和43年生まれなのでリアルタイムでは見ていない。でも再放送は何度となくやっていたので食い入るように見ていた。

再放送は土曜日の朝7時くらいから始まるのが多かったと記憶がしている。(ウルトラマンマックスあたりの時間枠じゃないかな?)小学生の筆者は土曜日は何が何でも7時に起きてウルトラセブンを見るというのが週末の行事だった。起きられないと母になんでおこしてくれなかったのかと八つ当たりしていたことを思い出す。

ウルトラセブンはストーリーはもちろん、出てくるエイリアンの造形なんかも他のウルトラシリーズの中では一番好きだった。ウルトラQからはじまって、ウルトラマン、ウルトラセブンとくる初期のウルトラシリーズの流れのなかで洗練されて、ある意味完成形となったものだと思っているし、数あるウルトラシリーズのなかでは筆者はこのウルトラセブンが最高傑作だと今も思っている。

さて脱線したが、いま放送されているウルトラセブンXだが、12日の放送で2回目がおわったところ。まだストーリーが見えてこないが、全体的な雰囲気はダークで、放送時間が深夜2時過ぎというところも子供向けにつくっているのではないようだ。セブンの造形も一見すると、正義の味方というよりは善悪を併せ持っているようなヒール的な造形(とでもいえばわかりやすいか?)

全体を通して夜のシーンが多い。昼間のカットってこの2回の内ほとんどないんじゃない?セブン自体も主人公も謎の存在になっていて、主人公がどうしてセブンになるのかというのも全くわからない。第1話でこれまた謎の女性からいきなりウルトラアイを渡されて「地球を救え」ってたのまれてもねえ.......。まあこのあたりの謎解きはおいおい放送されるんでしょうな。深夜2時過ぎに起きてテレビをみるっていうのはちょっと過酷なんで、ビデオにとってゆっくり鑑賞します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »