学問・資格

資格試験結果

先週は7月に受けた2種電気工事士試験と先月20日に受けた消防設備士甲種特類の結果がでました。

先に受けた2種電気工事士は(ネットで調べたんですが)、見事合格!常日頃、鬼嫁からは「資格試験を受けるからにはなにがなんでも合格じゃあ~」というあたたかい言葉を頂戴しており、資格試験を受ける際に非常なプレッシャーとなってしまうのですが、電気工事士についてはなんとかクリアです。^^ 実技試験の時は「こんなに受ける人いるんだ!」と一瞬ひるんでしまいましたが、おちついて試験に臨めたのと事前の実技練習が功を奏したと思います。

それに引き替え消防設備士の方は見事玉砕!ダメでしたねえ。試験を受けているときから「こりゃダメかも」なんて負の自身をもってしまいましたが、やはりダメでした。

消防設備士なんて資格は耳慣れないかもしれませんが、消火栓や火災報知器などの工事、点検に携わる人にとっては必須の資格です。甲種(工事、点検)と乙種(点検)があり、さらに設備によって甲種6種類、乙種7種類に分かれます。その中で今回受けたのは甲種特類という最近になって消防設備士にくわえられた資格です。

できてからまだ3年ほどで、東京では年2回試験がありますが、いかんせん過去問題というものがあまりないため、勉強するのは結構大変です。一応問題集も出ているのですが、まあぶっちゃけあまり役には立ちませんでした。実際250人以上受験して、受かったのは37人だけ。狭き門です。

次回の試験は2月。今度はがんばろうと思います。(今度も!か...。)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

二種電気工事士試験

唐突ですが、本日二種電気工事士の技能試験を受けにいきました。場所は東武伊勢崎線の浅草駅にほど近い産業貿易センターというところ。試験会場に近づくにつれ、お仲間(ライバルか?)と思われる人々に多々遭遇。浅草の産業貿易センターなんて、えらく地味なところでやるんだな、と思いつつ会場へ。

入ってみると、いるわいるわ。こんなに受ける人いるんだ、というか筆記受かった人こんなにいたんだみたいなカンジ。まあ去年筆記合格して、不幸にも技能試験に散ってしまった方もおられると思うし、年1回だし、この人数も当然か。でも東京での試験ってココだけなのかなあ。もういくつか会場ってあるんだろうか。

筆記はひたすら問題集に専念して、無事通過しておりましたが、技能試験は配線図を見て配線するという。ワタシ自身、建築系の資格は結構もっているけど、実際のものを作るというのは初めてかもしれない。(2級建築士は製図はしたが)

結果は神のみぞ知るところなのだが、本人的にはまあまあのデキ。合格発表は8月31日。くしくも筆者の誕生日である。^^;

P7210005_3

←本日の課題とほぼ同じもの。練習でつくった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)