音楽

またまたスピッツネタ

You Tubeでこんな動画を見つけました。6月にアップしていたみたいだけど、気がついたのは今日です。^^;

こんな風にピアノが弾けたらいいなあといつも思います。SAXは吹くけど、ピアノにはいつもあこがれます。 こちらは本家本元のスピッツの「魔法のコトバ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさのスピッツ

ここのところ久しぶりにスピッツを集中的に聴いている。

昔から結構好きでCDも聴いていたけど、なんかみんな同じような曲に聞こえてきて、しばらく離れていたけど、最近FMで「魔法のコトバ」をよく聴くのと、You Tubeでスピッツの「群青」のPVを見たのがきっかけで、今車通勤が多いのをこれ幸いに車の中でまた聴くようになった。

結果、どう思ったかというと.....、いいね! いい!ということで最新アルバムの「さざなみCD」を買ってしまった。^^;

ウチのヨメさんいわくスピッツの曲は「はかなげ」なんだそう。その昔、結婚する前に筆者がよくスピッツを聴いているのを知っていたヨメは筆者とスピッツの雰囲気をダブらせてでたキーワードが「はかなげ」だったんだそうな。(ちなみに今は「当時の勘違いだった」と否定している)

なんでスピッツをよく聴くようになった経緯って思い出せないけど、多分曲の雰囲気とか、歌詞とかが自分にマッチしたのだろうなと思う。草野マサムネの透き通ったような声とか、最近のロックバンドにありがちなギンギンの音作りばかりではないのも理由の一つだろうか。全国のスピッツファンのみなさん、スピッツの良さってなんでしょう?

前述したYou TubeにはスピッツのPVがごろごろ転がっています。スピッツの曲は知っているけど、映像で見てみたいというスピッツファンの方々、是非一度御視聴してみてください。ちなみに下の動画は、またスピッツを聴くきっかけになった「群青」のPVです。

この「群青」のPVにはウサギ役でお笑いコンビのアンガールズが出演してます。スピッツのメンバーも演奏中に冠をかぶったり、草野マサムネなんかは、アンガールズと一緒におどったりしています。従来のスピッツのイメージとはちょっと違う感じになってます。

このYou TubeのスピッツPVで「春の歌」と「正夢」をみて、今度はスーベニアを購入して聴いて見ようかと。オークションで探してみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は練習日

30日が演奏会本番です。今日が本番前最後の練習です。

しつこく演奏会告知を...。

サクソフォーンアンサンブルの会第23回演奏会

日時:6月30日() 18:30開場 19:00開演
場所:牛込箪笥区民ホール
曲目:パイレーツ・オブ・カリビアン(バデルト)
   オルガンソナタ第一番(メンデルスゾーン)
   ギリシャ舞曲(スカルタッコス)
   4つの前奏曲(バロー)
   インスラ・ドゥルカマラ(福島弘和)
   子守唄(福島弘和)
   他
入場無料 となっております。

この演奏会というか、この団体にはいって初めての演奏会が1991年だから、もうかれこれ16年経ってます。が、しかし年齢的には、確か今回出演するメンバー15人中下から5番目で、そのあたりのポジションは16年たってもあまり変わってませんな。「永遠の若手」とか、「わかおじん」なんて揶揄されていますが、あえて反論することもできません。

メンバー自体の入れ替わりがあまりなくて、平均年齢が年々あがっていくという状況下で、プログラム的には、演奏者にはきつく、かつマニアックな曲をお客さんにおみまいしているわけでして。

今年はいかほどの方が聴きにいらしてくれるのでしょう...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月24日は何の日?

今日仕事帰りにFMを車の中で聞いていたら、TFMの「アバンティ」という番組で、明日6月24日が昭和の歌姫美空ひばりの命日ということで、ちょっとした特集番組をやっていた。

美空ひばりが亡くなったのは1989年6月24日というからちょうど平成になった年に亡くなったことになる。まさに「昭和の歌姫」ですな。

筆者は当時21歳。バリバリの大学生だったけれども、美空ひばりを特に好んで聴いていたわけでは全然ない。「川の流れのように」を少し聴いていたくらい。しかしながら昭和の歌謡史というか、芸能史を語る上では美空ひばりは日本を代表する歌手であり女優であります。

美空ひばりの曲といえば「リンゴ追分」、前述した「川の流れのように」、「柔」など名曲揃いだが、実はジャズのスタンダードなども録音したりしている。筆者は楽器をやっている関係でジャズも少々たしなむが、美空ひばりがジャズのスタンダードナンバーを録音しているとは、きょうのFMを聴くまで全く知らなかった。

途中から聴いたFMで流れていた「ラヴァー・カムバック・トゥー・ミー」を何気なくきいていて、だれが歌っているんだと思いつつラジオを聴いていたら、実は美空ひばりと知ってびっくり。

で、今日のブログのテーマにしようとCDを検索してみると、録音されたのは1950年代。つまり昭和20年代ですな。それを知ってまたびっくり。当時の美空ひばりって10代ですよ!

生涯のレコーディング1500曲。オリジナルの楽曲517曲ということだが、亡くなった時は52歳。今生きていればちょうど今年で70歳。もし亡くなっていなければ、いったいどのくらいの曲をレコーディングしていただろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演奏会告知

突然ですが、演奏会の告知です。

以前筆者が楽器をやっているということをちょっとふれましたが、所属しているグループの演奏会が今月の30日に牛込神楽坂の駅近くの箪笥区民ホールであります。

Ses23_1

詳細は左の案内の通りです。ちょっとクラシックに興味のある方。サクソフォンがどんな楽器が見てみたい、聞いてみたい方。筆者の顔が見てみたい方、時間がある方は是非会場のほうに足をお運びください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”どんと晴れ”から”さとう珠緒”?

@niftyのホームページの「今日のトピック」にNHK朝ドラ『どんど晴れ』が好調!という記事がのっていて、そのリンクに歴代の朝ドラ視聴率が載っていた。

ウチのヨメさんとあのドラマはあーでした、このドラマはこーでしたと昔話をしてひとしきり盛り上がっていたのだが、その歴代ドラマの中に、当たり前ですけど、松島奈々子の出世作「ひまわり」がありました。

1996年っていうからもう11年前です。筆者はそのころ昼間働いて、夜専門学校へ行くという生活を送っていて、仕事が近所だった関係で家を出かけるまでよく見ていましたね。

んで、このドラマのキャストってどんな人がでてたっけなあ、とおもってウィキペディアを覗いたら、主題歌は山下達郎!そういやそうだったねえ、と思いつつ主題歌「Dreaming Girl」の解説をよんでいると、ナニ!この曲のPVにさとう珠緒が出演している?

ほんとかよ、と思いつつYou tubeで検索したところ、引っかかりましたよ。んで見てみましたよ。若いねえ~...........。でも仕草の端々に現在のさとう珠緒の片鱗が見えますなあ。当時さとう珠緒は「超力戦隊オーレンジャー」を卒業したばかり。芸名も(多分)珠緒だけで活動していたはず。人に歴史あり。有名芸能人の意外な仕事も見つけて見るとまた酒の肴になること間違いなし!(ならねーか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)